間違った黒ずみケアは逆に悪化させる!やりがちな間違いとは?

体の黒ずみが気になり、自己流でケアを行っている人は多いのではないでしょうか?
黒ずみだけでクリニックに通うのは億劫ですし、エステで定期的にお手入れするにはお金と時間が掛かってしまいます。
そのため、自宅で黒ずみを目立たなくしていくための方法を考え、ケア頑張っている女性は多いはずです。
ケアを続けたことで黒ずみが目立たなくなってきていれば良いのですが、もしも黒ずみが解消されないように感じているのなら、ケアの方法を見直してみたほうが良いかもしれません。
黒ずみを解消するために続けていたケアが、実は黒ずみを悪化させてしまっていた……なんてことにならないためにも、黒ずみケアでやりがちな間違いをいくつか知っておきましょう。

黒ずみができてしまう原因は、衣類と肌の間に生まれる「摩擦」や、カミソリや毛抜きを使用した「ムダ毛処理」、そして「紫外線」などの外部からの刺激です。
毛穴に皮脂や古い角質などの「汚れ」が詰まって黒ずむこともあります。
黒ずみの原因は人それぞれですが、ケアをするときに気を付けなければいけないのは“肌に刺激を与えすぎない”ことです。
黒ずみを取るために肌を強く擦る行為は、やりがちですが大きな間違いなのです。

入浴時に注意したいこと

入浴時にやりがちな黒ずみケアのひとつが、体をゴシゴシと強い力で擦ることです。
黒ずみが気になる部分を強く擦り、白い肌を取り戻そうとしてはいませんか?
確かに、皮脂汚れや古い角質などが毛穴に詰まって黒ずみができてしまうこともありますが、それは強い力で擦ったからといって洗い落とせるものではありません。
普段の入浴では洗い落とせなかった汚れだからこそ、黒ずみを引き起こしてしまったのです。
強い力でゴシゴシと擦ると、肌に刺激を与え、さらに黒ずみを悪化させてしまう恐れがあります。
がむしゃらに洗っても落とせない黒ずみはあります。
そのような場合は、黒ずみを悪化させないためにも、違うケアの方法を考えましょう。

また、ムダ毛が黒ずみの原因だと考え、頻繁にムダ毛処理を行っている人も注意が必要です。
ムダ毛が生えかけている毛穴はポツポツと黒く見えますが、それが黒ずみを作ることにつながっているとは言い切れません。
むしろ、ムダ毛処理のためにカミソリや毛抜きを使用し、肌にダメージを与えてしまっているかもしれません。
ダメージを受けた肌はメラニン色素を生成しやすくなるので、黒ずみができやすくなってしまいます。
ムダ毛の自己処理は最低限の回数にとどめ、肌を休ませる期間を作ってあげることが大切です。

気を付けたいケア

黒ずみを消すために効果的なケアのひとつとして、「ピーリング」があります。
古い角質や毛穴汚れを取り除き、肌のターンオーバーを促すことができるケア方法です。
肌に蓄積された汚れを除去できるので、ピーリングを行った直後に肌トーンが明るくなることを実感できる人も多いです。
しかし、ピーリングは古い肌細胞を無理に剥がす行為であるため、肌に掛かる負担は大きいと言われています。
クリニックやエステできちんとピーリング施術を行う場合はともかく、市販のピーリング剤を使用し自己判断でケアを行う際は、同時に肌に負担を掛けてしまうということも覚えておきましょう。
黒ずみが気になるからと言って頻繁にピーリングを行っていると、肌にとって大きな負担となり、逆に黒ずみが悪化してしまう恐れもあるのです。

ピーリングなどのケアを行わなくても、肌のターンオーバーは「保湿」で促していくことが可能です。
黒ずみに限らず、あらゆる肌トラブルを解消する効果的な方法のひとつでもあります。
どのような保湿化粧品を使用すれば良いかわからないときは、「アットベリー」のような黒ずみケア専用クリームを選んでみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です