黒ずみケアのウソを徹底追及!本当に効果があるケアはアットベリー

ひじやひざ、背中、お尻、くるぶしなど、年齢とともに気になり始めるのが「黒ずみ」です。
若いうちから黒ずみに悩む女性も多く、世の中にはさまざまな黒ずみケアの方法が出回っています。
実際に黒ずみケアを試してみたものの、あまり効果を実感できなかったという人もいるのではないでしょうか?
効果があるという噂が流れている黒ずみケアでも、人によってはあまり効果を喫感できなかったり、逆に黒ずみを悪化させてしまうことがあります。
黒ずみを本気で解消したいなら、本当に効果がある黒ずみケアの方法を知って、毎日きちんとケアを続けていきましょう。

間違った黒ずみケアでやってしまいがちなのが、「洗いすぎ」や「過度なピーリング」です。
黒ずみができるのは汚れが原因だと勘違いしてしまい、黒ずみができている場所を必要以上に洗ってしまう人は多いです。
また、市販のピーリング剤で古い角質を落とし、きれいな肌を取り戻そうと考える人もいるでしょう。
しかし、これらの方法で過度なケアを続けると、逆に肌トラブルを起こすことにつながります。
黒ずみが悪化してしまう恐れもあるため、やってしまっていた人はケアの仕方を見直したほうが良いでしょう。

効果がないケア方法

あまり効果が得られない黒ずみケアの方法として、ここでは「洗いすぎ」と「過度なピーリング」について説明していきます。
黒ずみができていると、どうしても「汚れが溜まっているから」だと思いがちになってしまいます。
ですが、黒ずみの原因は必ずしも“汚れ”だけではありません。
衣服や机、床、壁などに擦れたときの摩擦が肌への刺激となり、メラニン色素の生成が活発になることで黒ずみができてしまうケースが多いです。
そのため、黒ずみの原因は汚れだと勘違いして洗いすぎてしまうと、体を洗うときの刺激でさらに黒ずみを悪化させてしまう恐れがあるのです。
肌にやさしい石?やボディソープを選ぶのは良いことですが、何度もゴシゴシと洗いすぎないよう気を付けましょう。

また、市販のピーリング剤で古い角質を取り除き、黒ずみを解消しようとする人も多いです。
黒ずんでいる部分の厚くなった角質を取り除くことに問題はありませんが、必要以上の過度なピーリングには注意しましょう。
頻繁にピーリングを行うことが肌への刺激となり、肌トラブルを引き起こす可能性があります。
ピーリングで黒ずみケアをする場合は、ケアを行う頻度に気を付け、ケアの後はきちんと保湿することが大切です。

嘘くさい民間療法

黒ずみを解消する民間療法として、「アロエ」や「ヨーグルト」、「たまねぎ」などを使用したケア方法があります。
肌に良い成分を含んでいると言われている食材をパックとして利用し、美肌を目指すというものです。
「民間療法は嘘くさいものばかりのような気がする」「食べ物を肌に塗っても大丈夫なの?」「逆に肌荒れしてしまうのではないか?」と不安に感じる人も多いと思いますが、実際に効果は得られるのでしょうか?

例えば「アロエ」ですが、アロエには殺菌効果や保湿効果があり、美容に良いものとして大変注目されています。
アロエエキスを配合した化粧品なども数多く販売されており、長期間使い続けていくことで、肌にうるおいを与えることができます。
肌の新陳代謝が活発になるとも言われており、黒ずみの原因となる老廃物が排出されやすくなるかもしれません。
また、「ヨーグルト」を塗る方法もたびたび話題になりますが、こちらは古い角質を取り除くことに効果的です。
ヨーグルトに含まれるフルーツ酸には、角質を柔らかくする働きがあります。
黒ずみができている部分の古い角質を剥がし、新しい角質を生成するためのサポートとして利用できるでしょう。

本当に効果を得られるのかがあやしい民間療法ですが、それぞれきちんと根拠があって話題となっていたようですね。

エステで黒ずみは本当に消える?

黒ずみケアのメニューを取り揃えているエステは多いですが、エステで黒ずみは本当に消えるのでしょうか?
肌が黒ずんでしまう原因はいくつかありますが、エステでの解消が目指せる黒ずみは「毛穴に汚れが溜まっている」ものになります。
そのほかの原因で黒ずみができている場合、エステでの施術のみではなかなか解消されないことがあるため、まずはカウンセリングで黒ずみが気になる部分を診てもらうと良いかもしれません。

エステで行われる主な黒ずみケアは、「吸引」や「ピーリング」です。
黒ずみが目立つ毛穴には、皮脂汚れや落とし切れなかった化粧品、古い角質や角栓が詰まっています。
毛穴の奥に詰まったさまざまな汚れが酸化することで黒く変色し、離れて見ても目立つ黒ずみになってしまうのです。
まずは毛穴の中の汚れを取るために、ホットタオルやスチームなどで毛穴を開きながら汚れを吸引するエステが多いです。
市販の毛穴パックなどでは取り除けない汚れを吸引してくれるので、エステのケアによって毛穴の黒ずみは目立たなくなるでしょう。
ピーリングも市販のものとは違うので、自分でケアをするよりも効果を感じられるはずです。

黒ずみケアに本当に必要なケア

民間療法を試したり、エステで施術を受けてみたりと、黒ずみを解消するための方法はたくさんあります。
ですが、どのような方法でケアをする場合でも、忘れてはいけない“本当に必要なケア”があります。
それは「保湿」です。
美肌を目指すために欠かせないケアが「保湿」であると言われているように、黒ずみを消したいときにも保湿ケアはとても重要になります。
黒ずみができてしまう原因は、毛穴の汚れや摩擦によるダメージ、紫外線によるダメージ、肌荒れで残ってしまった跡などさまざまですが、どのような原因でできた黒ずみも肌に何らかの汚れ・色素が染み付いてしまっていることに違いはありません。
汚れや色素を取り除き、新しいきれいな肌細胞へ生まれ変わらせるためには、「肌のターンオーバー」を活性化させる必要があります。
ターンオーバーが活発になることで肌の再生が促され、黒ずみが目立たなくなるまでの期間を大幅に短縮できます。
ターンオーバーを促す方法もたくさんありますが、保湿ケアは自宅で簡単にできて、高い効果が期待できる方法のひとつです。
黒ずみケア専用として販売されているクリームやジェルなどの商品にも、保湿成分はたっぷり含まれています。

お得な公式サイト=ワキや二の腕などには黒ずみ専用クリーム!【薬用アットベリー】